MESSAGE メッセージ

⼈⽣100年時代に⼊り、⼀⼈ひとりが100歳⼈⽣をどのように⽣きるのかが問われています。
これまで学んできた知識や仕事で経験した技術・キャリアが、変化の激しい現代社会において今後もそのまま通⽤するとは限りません。
また、新聞やテレビでの報道によれば、少子高齢化の加速、年金2000万円不足問題、税制改正による消費税10%負担に加えて、将来的にはシニア世代への医療費、介護費の自己負担増加が検討されています。
このように経済、社会環境の大きな変化の中にあって、自らが自己防衛することを真剣に考えることがとても大事です。

その糸口として、生きがいを作るための自分史作成をご提案致します。
まずは半⽣を振り返ることにより経⽷と緯⽷で紡がれた⼈⽣という織物を俯瞰します。そして、あなたが望む人生の千秋楽としてこれまで紡がれた織物に調和のとれた彩や柄、綾をさらに織り上げてゆき、輝く未来づくりに取り組むことがあなたの⽣きがいにつながると思います。
「⽣きがい⾃分史作成」は、そのための礎になります。これまで通常作成されている⾃分史は、記念誌的な意味を持つ傾向が多いでしょう。私がご提案している⾃分史は、記念誌の性格を持つと同時に、シニアライフプランをお客様が主体的に作り上げるサポートを致しますので、未来への⾃⼰投資としてお役に⽴てるものと考えております。

税理士 代表 三谷 浩
スマイル相続研究所
SERVICE 事業内容

平均寿命の上昇に伴い、シニアのライフプランの在り方も昔に比べ大きく変化しています。
そうした時代を迎えるうえで、意味のある人生を送るために今後どうすればいいのかを我々は考える必要があります。
スマイル相続研究所では人生を組み立てるチャンスとして自分自身を見つめなおすための自分史作成やポートレート撮影サービスのほか、遺言書作成・生前贈与業務も行っております。

スマイル相続研究所
生きがい自分史

「⽣きがい⾃分史」とは、⽂章作成が不得意なお客様でも、記者とアルバム写真を⾒ながら過去にタイムトリップして想い出を語っていただくことにより、⾃分史をお客様と共に創り上げてゆく企画、編集、製本サービスです。
⾃分史として⾃分の⽣きた証を残すことは、家族への魂の財産になると同時に今後⾃分がどう⽣きていくかを客観的に知ることができるので、シニアライフプランの組み⽴てに不可⽋な礎になります。

スマイルフォトスタジオ

生前に遺影を撮影しておきたい…と考える方は年々増えています。
自分らしいポートレート撮影のお手伝いをいたします。